« 2019年7月 | メイン

2019年8月

2019年8月20日 (火)

鯖江市議会、市民創世会のおす水津達夫議長誕生

2回の臨時議会で、なかなか難航した議長選、ようやく市民創世会(議長就任で会派離脱)からの水津議長で、議会も正常化。いよいよ9月議会を迎える。

早稲田大学環境ロドリゲスOBメンバー、夏休みを河和田で。

早稲田大学の環境エコールド、鯖江で一緒に、子どもたちに環境教育(今年は、ユーカルさばえ・エコネット事業)を行っていただいている。環境エコールドの早稲田大学のOBさんたちが社会人になられ、夏休みを合わせて河和田に、と。せっかくなので、座談会「たまには真面目に環境の話をしよう」が、パークで急遽8月17日(土)夜開催された。中に京都大学の現役生もおられたが、河和田での思い出や社会人になられてエコールドの経験がどういかされているかなど、また一人ひとりができること、環境行政、施策のことまで話は広がる。

Waseda若い彼らが河和田を覚えてもらっていることに感動。
最近、河和田地区生ごみ問題連絡協議会を発足したころ、早稲田商店街が学生の夏休みで売り上げが落ちることで、何とかと始まっている活動を視察研修に、議員になっての最初の研修を思い出す。

Img20190806_07413175

河和田を忘れずに来てくださる彼ら、このつながりを大事にしたいものだ。以前「どうして、鯖江なの?」との記者さんの質問に、「先輩がNPO法人かわだ夢グリーンと始めてきている事業は続けていく」と、代表の千賀さんが語っても(この時の写真)。

11870879_919052178177887_1142191242

農福連携事業の取り組みを

来年度の鯖江市の国、県への重要要望事項が出てきました。

新規で持続可能な地域農業への支援が重点事項に盛り込まれた。農業は生きるための食糧の根幹。
できることなら土に触りながら生きる暮らしを望んでいた。

障がい児等受け入れ態勢教官のための財源拡充についても新規で盛り込んでもらえた。本気で市の一般財源を投入することの必要性を感じているが、国、県の支援をどう、市の施策に取り込めるか、本気度が問われる。

Img20190807_07020857

2019年8月 1日 (木)

8月 暑い、熱い夏が来た! 臨時議会が迎えられるために会派会

8月初めの「あさが来た!」暑い、河和田の熱い夏が、来河の学生たちが滞在して始まる「河和田アートキャンプ」。
福井豪雨の復興支援ボランティアで入って来てくださった全国からの10,000人、その中のニューフロームレター京都の浅利先生、片木先生を中心とするメンバーが、「よそ者が、若者が、継続的に河和田と一緒に頑張りたい、応援したい」とNPO法人かわだ夢グリーンと区長会の承諾も得て始まって、15回目を迎える。議会では「河和田の産業やものづくりの、将来の外交官になってもらえる」と提案してきた。そしてお子さんが誕生の移住組も24人に!
「夏まつり」も若者が中心になって河和田を盛り上げる。
議会は朝から会長同士の話しあい、正しいことは正しく、市民の負託にこたえれる議員として活動を重んじたい。会派会も開かれる、方向を決めて臨時議会を迎えたい。

Img20190730_08354036

Powered by Six Apart